融資のポイント|フィデリ・資金調達

融資のポイント|フィデリ・資金調達

融資のポイント

創業期の融資

創業期の融資ですが、まずは自己資金をなるべく多く用意できるかどうかで思い描いていた通りに事業を立ち上げられるかどうかが、大きく変わってきます。事業資金の全額を融資で行うことは現実的ではありません。まずは資本金をどれだけ集められるかが重要になります。

自身の貯蓄や、親類などからの借入れ、事業に賛同して頂ける方からの出資やなどあらゆる手段を考える必要があります。借入をするにしても、返済負担を少なく抑えることは事業を軌道に乗せる上で重要になります。


創業期の融資サポートは様々な機関によって行われていますが、そのうち大半は政府系のバックアップがあります。


<例>
日本政策金融公庫
地方自治体の創業支援融資
・日本商工会議所や各地商工会議所の創業サポート
・独立行政法人雇用・能力開発機構の創業サポートセンター  等


直接融資の申し込み窓口を設けているものから、が 創業を総合的にサポートする機関など様々なものがあります。


そして、創業期の融資と言えば日本政策金融公庫「新規創業融資制度」が代表的なものになります。無担保・無保証でこれから事業を興す人や、事業を立ち上げて間もない事業者等が対象で「新規開業資金」から「再チャレンジ支援融資」まで各種融資制度を用意しています。


また、地方自治体も創業融資を支援する制度を整えています。地方自治体によってその制度の内容は様々ですが、保証協会の保証が必要な制度が多いのが現状です。


自治体は創業融資制度の紹介利子補給(支払利息の一部負担)保証料補助(信用保証協会への保証料の一部負担)などで地元企業をバックアップします。





≪お勧め書式のご紹介≫
資金繰りに役立つ書式が、フィデリなら無料でDLできます!
現在の状況を把握に、分かりやすい資金繰り表!
事業計画書を作成し、安定した経営を!
難しい貸借の契約書も、雛型無料DL!
ものを借りる際に必ず必要な借用書もラクラク作成!