融資のポイント|フィデリ・資金調達

融資のポイント|フィデリ・資金調達

融資のポイント

融資の種類

【プロパー融資】
金融機関が他の保証を使わずリスクを取って貸し出す融資です。

金融機関は大抵の場合、保証協会付きの融資を紹介しますが、このプロパー融資を銀行が申し入れてきた場合には、相当信用力がついてきた証拠です。開業からの期間が短い企業は余程の優良企業でない限りプロパー融資は難しいのが現状です。



【保証協会付き融資】
保証協会が企業から保証料を得て、融資額に対して80%〜100%程度の貸倒れリスクを負い、金融機関を通じ事業者に資金を貸し出す融資です。
企業は金融機関を通じて保証協会に保証の申し込みを行い、保証協会の承諾を得られると保証書が発行されます。金融機関は保証書が発行されたのち、金融機関内での審査を行い融資実行します。

金融機関への返済が滞ったとしても、保証協会が貸付先に替わり金融機関への返済を行いますので、金融機関は融資額の0〜20%程度のみリスクを負うこととなります。
金融機関の負うリスクが小さいため、金融機関の営業マンは「まずは保証協会付き融資を」というのです。



【ビジネスローン】
中小企業向けに無担保・無保証で行われる融資の総称で、迅速な審査で融資限度が100万〜1,000万円程度というのが特徴です。

金利はプロパー融資や保証協会付き融資に比べ高いのですが、融資条件はゆるやかなものとなっています。通常は、決算書審査のほか、代表者の信用情報を取り寄せ審査します、貸し手には銀行系ローンノンバンク系ローンの2種類があります。



【不動産担保ローン】
文字通り不動産である、土地や建物を担保に提供し、融資を受ける制度です。
不動産は所有権などが登記謄本なので明らかにされている他、現物の確認が容易であることから、審査期間も短く、登記簿謄本がキレイ(他に担保提供などしていない状態)であれば、確実性も高いです。



【動産担保ローン】
動産担保と言っても、いろいろな種類があります。預金担保、売掛債権担保、在庫担保、有価証券担保などなど、資産価値(換金価値)がある動産を担保に提供することで融資を受ける制度です。

売掛債権担保については中小企業庁や保証協会が積極的に取り組んでいますが、売掛債権や在庫は日々その金額が変動することや、金融機関が在庫価値を把握するノウハウが少ないためまだまだ一般的に普及しているとは言えません。





≪お勧め書式のご紹介≫
資金繰りに役立つ書式が、フィデリなら無料でDLできます!
現在の状況を把握に、分かりやすい資金繰り表!
事業計画書を作成し、安定した経営を!
難しい貸借の契約書も、雛型無料DL!
ものを借りる際に必ず必要な借用書もラクラク作成!