融資のポイント|フィデリ・資金調達

融資のポイント|フィデリ・資金調達

融資のポイント

金融機関のチェックポイント

融資を申し込むとまず「では、とりあえず決算書を三期分お願いします」と言われた方も多いと思います。

金融機関はどこをチェックしているのでしょうか?ポイントは大きく分けて3つになります。


【POINT1】返済能力

・企業に返済する資金や資産があるか?
・事業活動から収益を生み出し、返済する能力があるか?

などを総合的に審査します。

 1.貸借対照表の状態は良好か?債務超過ではないか?
 2.営業キャッシュフローが赤字になっていないか?
 3.営業キャッシュフローが黒字の場合、その金額の範囲内で借入金の返済ができるか?

などを確認します。

決算書を三期分などと言うのは、勘定科目ごとに連続して増減を比較しないと数字の動き、特に現預金の動きが把握しにくいからです。過去の経営成績はその経営者の経営姿勢を如実に表す指標となりますので、金融機関はこの決算書を最も重要視します。損益計算書だけでなく貸借対照表やキャッシュフロー計算書がどのような状態であるかを総合的に確認し、返済能力の有無を審査します。

利益から税金を差し引いた残額に減価償却費をプラスしたものが借入金の返済原資となります。多額の借入金や短期返済の場合で毎月の返済額が多くなる場合にはこの数字を超えないようにする必要があります。



【POINT2】資金使途

資金使途が明確かどうか?運転資金や設備投資など資金使途は様々で、設備投資の場合は通常、納品書や領収書の提出が求められます。融資資金が本来の事業目的以外のところ、例えば社長の個人的な目的のために流用されたり、他社へ投資や貸付けたりすることを銀行は快く思いません。
決算書や試算表を定期的に提出するので後々言い訳できないことにならないようにしましょう。



【POINT3】担保力

貸付けた資金が返済不能となる場合に備え金融機関は担保となる資産等の提供を求める場合があります。

企業に対する貸付けの場合、通常その代表者が連帯保証人となりますが代表者が相当な資産家である場合を除き、個人が企業で借りる多額の負債を返済することは難しいので保証協会の保証や不動産担保を要求されます。仮に返済が滞った場合、金融機関は担保資産を処分して貸付資金の回収を図ります。連帯保証人がいればその保証人は借受人と同等の返済義務があるため返済を求められることになります。


最後に金融機関が嫌うケースです。

 1.経常損益が継続的に赤字である
 2.債務超過である
 3.税金を滞納している
 4.財務諸表の信ぴょう性が低い

(例えば、決算書の現金勘定が異常に大きかったり 、社長貸付金が多額となっていて返済の見込みがないなどとするケースです)





≪お勧め書式のご紹介≫
資金繰りに役立つ書式が、フィデリなら無料でDLできます!
現在の状況を把握に、分かりやすい資金繰り表!
事業計画書を作成し、安定した経営を!
難しい貸借の契約書も、雛型無料DL!
ものを借りる際に必ず必要な借用書もラクラク作成!